20161001 デジタル思考ツールといえば……(昨日の続編)

土曜日。休日。特に何もないときは、当たり前のように研究室。
でもやっぱり、平日とはなんとなく違った気分。やっぱり休日だなぁと思います。

休日という響きで、気持ちが違うと思うのですが、わたし的にはもう一つ、服装ですね。休日に研究室に行くときはラフな格好で行くことに決めていて(というか、行くことができて)、わたしの「脳」も若干変わります。そのほうが回転量が上がるのですよ。
だからなぁ。平日もラフな格好で過ごすことができたら、わたしの仕事の成果は数倍上がるのになぁ。

さて、ちょっと昨日の続き

MandalArtには姉妹アプリのようなものがでていまして、LifeArtといいます。上がその写真です。マンダラをスケジュールアプリのようにしたものです。その日をタップすると、その日が中心にきて、放射線状にメモを書いていくことができます。もちろん、脇に書いたメモをタップすると、そのメモが中央にきて、また放射線状にメモを書いていくことができるというように、どんどん階層化をつくっていくことができます。

(これは私見ですが)予定を書いていくと言うよりも、その時々の思いを綴っていくほうが適しているように思えます。しかし、その時々に考えたことを項目的に記録できるのはなかなか優れた発想だと思います。

わたしは、このマンダラという考え方、発想が好きなので、いろいろと使い方を模索していくと思いますが、昨日紹介したMandalArtもこのLifeArtも一般に使っていくには決定的に不足している機能が3つほどあると思っています。

1つは、検索です。全体をさっと検索できる機能がありません。以前書いたことや、あるキーワードを探したいときに、検索窓からサッと検索できないのは今どきありえません。検索しないで記憶をもとに辿っていくことが価値あるという考えでのアプリ作成もあるとは思いますが、それでは使い方が限定されてしまいます。ちょっと残念です。検索から、また新しいアプリ発想ができると思うのにです。検索した言葉を集めて、一つのマンダラを作成してみるとかね。意外な発想にたどりつくかもしれません。

2つは、同期です。iPhoneとiPadどちらでも使えるユニバーサルアプリになっています。2台持ちの人はたくさんいると思います。今どきなら、iCloudを経由して同期できるようにしてほしいです。一応、データをはき出すことはできるのでそのやりとりをしながら複数機でのやりとりはできますが、データをコピーして受け渡すことになるので、データの管理が猥雑になります。今どきなら、ぜひ、同期機能がほしいです。

3つは、PC版です。ずっと前から、マンダラアプリに要望されているようですが、実現されていません。上に書いた同期機能を含めて、PC版(もちろん、Mac版)があると最高です。

こうすれば、初めて使えるアプリ、なくてはならないアプリになると思うのですよね。そんなに難しいことではないし、ファンもたくさんいるので言い方向だと思うのですけどね。

あと、こういうときに一番難しいのは、アフターケア、メンテナンスなんでしょうけどね。作るまではいいけれど、その後、ユーザーをどのようにケアしていくかということ。これ、自分で言うのも何ですが、わたし的にも一番難しいところで、ここに力を注げる人って、ものすごくすごいなと(わたしに無い部分だからこそ)思うわけです。

ということを、書いてばかりいないで、仕事仕事。
今日、どこまでやれるかで、来週の休日、気持ちよく過ごせるかどうかが決まります!!

がんばれ、自分!

© Takayuki Abe 2016