20161013 明治図書「社会科教育 2016年11月号」に原稿掲載!

ファイル 2016-10-13 20 25 09

今月号の「社会科教育」誌に原稿が掲載されました。

今年に入って、何度か「社会科教育」誌から原稿依頼があって、素直にうれしいです。

今回は、なななんと!特集記事でしかも2人目。うーん、原稿を書いているとき、とても緊張しました。

内容も、少し、わたしにしてはチャレンジングなもの。

テーマに
「答えの無い問い」の「納得解」を見つける
社会科アクティブ・ラーニングとは−授業のオープンエンド化を考える

というものいただきました。
何を書こうかと悩んだあげく、

「提案する社会科」+『学び合い』がこれからの社会科授業の突破口になる!

というタイトルで書きました。
大学人となり、研究実践していきたい方向性の一つがこれなのです。
まだまだ、わたしには一緒に活動してくださる方が少ないというか、いません。
しかも、こちらに手を付けるところまで全然行ってません。
今のような生活を続けていたのでは、こちらに手が付けられませんね。
どうにか、自分の生活を考えていかなければなりませぬ。

ちょっとずつちょっとずつ、前に進みます。

まぁ、わたしの今までの人生で言えば、自分が声に出してきたものは、数年後に実現しているという(幸せな)状態になっているので、これもなんらかの形で実現する……はず(と思うことにする)!!

興味ある方は、ぜひ、お買い求めを!!

目次 

特集 汎用的能力をつける! 探究型ディープラーニング
視点1 「探究に向かう力」を育てる社会科授業の類型とディープラーニング
視点2 「答えのない問い」の「納得解」を見つける社会科アクティブ・ラーニングとは―授業のオープンエンド化を考える
視点3 〈汎用的な能力をつける探究型ディープラーニング〉探究的な学習プロセスと思考の構造
視点4 「深い探究」を生む鋭いテーマ・課題づくりのポイント―学習を浅くする・深くする分岐点
視点5 「探究」に不可欠な資料分析と活用法―おさえておきたい落とし穴と学習を深める指導ポイント
視点6 〈汎用的な能力を見据えて〉社会科授業で実現する! 「生き方」を探究する学習
視点7 深い学びに導く「探究する場面」をどう設定するか―単元別設定一覧
視点8 新教科「日本史探究」「世界史探究」「地理探究」から考えるディープラーニング―私のおすすめ授業モデル
視点9 【授業最前線】汎用的能力をつける! 探究型ディープラーニング授業モデル
未来社会につなぐ! 現代社会の課題と社会科授業デザイン (第8回)
最新情報で語る! どうなる・どうする社会科教育 (第8回)
追究の鬼を育てる! アクティブ・ラーニング時代の社会科教材開発 (第8回)
スペシャリスト直伝! アクティブな社会科授業づくりの基礎基本 (第8回)
子ども熱中! 中学社会「アクティブ・ラーニング」授業モデル (第8回)
社会科教育改革のマスターキー―社会科で育てるべき力と授業改革の道筋― (第8回)
社会科授業づくりの課題と取り組み―指導要領改訂を見据えて― (第8回)
「公共」を教える社会科授業デザイン (第8回)
「実物写真」でよくわかる! 板書で見る社会科授業 (第8回)
社会科で育てる資質・能力の評価問題 (第8回)
わが県の情報 ここに「この授業あり」 (第224回)
写真で世界を読み解く! 旅する社会科授業 (第8回)


© Takayuki Abe 2016