20161119 「第2回菊池省三先生セミナーIN福島」参加

菊池省三先生と言えば今やNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」や「世界で一番受けたい授業」など数々のテレビ番組にも出演されて雲の上の存在になってしまいましたが、かつて「授業づくりネットワーク」などを通して、以前からの研究実践仲間であったわけです。今回偶然わたしが地元福島に帰っているときに同じ福島に来られると言うことで、久しぶりにお目にかかってきました。

「ほめ言葉のシャワー」が一人歩きし、いろいろと誤解されることもあるようですが、今回の講座の話を聞くに、「コミュニケーション活動」「価値語を大切にした子ども同士の信頼関係の構築」「言葉を大切にした人間関係の形成」など以前から大切にされてきたことを「学習者」側に立って再構築、再提案されているように感じました(わたしの受け取り方です)。

現場の先生方から求められている状況にあるという現実を、公的な教育機関、そして、他の民間教育がどのように受け止めるか、解釈するかということかなと思います。

とても「学び」多き1日でした。

© Takayuki Abe 2016