160409 PIMの重要性

28年前、小学校の先生になったころ、PIMといものに憧れて、いわゆるPDAにのめり込みました。
PIMとは「Presonal Information Manager/Management」の略です。→Wikipediaを参照
そして、PDAとは「Personal Digital Asistant」の略です。→Wikipediaを参照

imgres

つまりは、小型端末を秘書代わりに使うというのがわたしが28年前に先生になった頃の一つの憧れであり、かっこよさでした。
例えば、最初に買ったのがシャープが出していた初代ザウルスでした。

そして、PalmPilotでした。わたしは、IBMが発売した日本で公式に初めて発売されたものをすぐに買いました。

imgres

その後、わたしのPDA遍歴が始まります。まぁ、めっちゃたくさんの機種を使ったのですが、iPhoneの登場、スマホの登場でほぼ終編を迎えます。まぁ、安定したとでも言いましょうか。

このPDA遍歴の終了とともに。わたしのPIM熱もなんだか一緒に下がってしまいました。

つまり、自分自身で熱心にスケジュールを書き込み、ToDoを考えてチェックリストを設けて自分で自分の生活を管理するという行為に飽きが出てしまったのです。

これは、仕事の熱が下がってきたと言うことも言えますし、わたしが熱心に自分の行動管理をPDAで行っているときも、友人から、「学校の教員なんてそんなことしなくたって大丈夫じゃん。職員会議録さえ手元に置けば十分でしょう」とあきれられ、皮肉を言われていました。結局、小学校教員の終盤はこの友人に言われたとおりのことになるのですけど。

で、今。

大学の世界に入り、再び、PIMに突入です(^0^)。完全に、自分で自分を律するようにしていかないといけません。いろいろと自分が心地よく無理なく無駄なく管理して、本来の仕事に没入できるようにしようと思いました。そこで、次のように環境を整えました。

  1. メールソフト
  2. スケジュール
  3. ToDo

○メールソフトをCloudMagic系に統一しました
「統一」というのは、Mac、iPhone(Applewatch)をこれでやりとりするようにしたということです。上越教育大学のメールはGmailを使っています。Gmail大好きなわたしにとってこれはこれでとってもうれしいことなのですが、こういう環境になって問題が一つわかりました。
もともと個人でGmailを使っていた私は、Gmailが重なるのです。重なることの問題は、GoogleはGmailを基本、Googleのアカウントにしているため、ブラウザで読み書きするGmailにはどちらか一方のメールしか見ることができないのです。そして、いちいちどちらかを読み書きするのに、切り替えて使うようになっています。これ、とても面倒です。Gmailをすでに個人として使用していたが故に生じる問題点ですね。
そこで、CloudMailです。
これを使うことで、Gmailの2つのアカウントを統一して読み書きできます。タブを使うことで別々に表示もできますし、区別せず時間系列で一緒に見ることもできます。以前、Tumblrにも書きましたが、CloudMailはApplewatch対応でもあるので、メールが到着するごとにわたしの左手首がプルプル震えて、メールを読み飛ばすこともありません。これで、メール問題は解消!

○スケジュール
これも、もともと、Googleカレンダーを使っていた人間にとってはやっかいです。いちいち、切り替えて使わねばなりません。まぁ、上のCloudMagicMailのように、Googleのアカウントを複数管理して一括表示してくれるスケジュールソフトがあることにはあるのですが、私自身がいやです。
どういうことかといいますと、仕事に関することは大学のGoogleのアドレスで、今までのことに加えて私的なことについては今までのGoogleのアドレスで画面を切り替えるのはめっちゃ面倒。
そこで、ここは、大学のGoogleのアドレスでスケジュールを管理することに決定。
これをきっかけに、妻にはGoogleのカレンダーをしっかり使ってもらうことにして、「家族」というカレンダーも作成して、家族、息子の卓球の予定等を共有するようにしました。
これを、わたしはGoogleカレンダーで読み書きするのではなく、パソコン上は「Sunrise Calender」というソフトで読み書きして、iPhoneでは「Calen Goo」というスケジュールアプリで管理するようにしました。
パソコンで純正のGoogleCalenderを使わないのは、(性格上の問題ですが)いちいちブラウザを立ち上げたくないということからです。
iPhoneにはいろいろなスケジュールアプリがありますが(そして、私自身10を越える程度のスケジュールアプリを購入していますが)、CalenGooを使うのは月間表示が見やすいという理由からです。

○ToDo
わたしが、PIMをやめたときにいち早くやめてしまったのが、ToDoです。ToDoでわかりにくい場合は、チェックリストのことと思ってください。
でも、今の生活ではやることなすことが多すぎて、かつ、いろんな方面から飛んでくるので、しっかり自分で管理しないとわからなくなってしまいます。ほぼ同じ事を共有しているはずの同学年の先生という人がいないわけです。それぞれが違うことを行っており、違う仕事を持っています。自分で自分のことを分かっていないと行けないのです。たぶん、このToDo管理がしっかりできるかが、わたしの大学生活の成功か失敗にかかっているかなと思っています(なんと大げさな!)。
そこで、以前も使っていたことがあるWunderlistを使うことに決定。これは、パソコン版、iPhone版があり、自動的に同期してくれます。パソコン版にはウィジェット機能などもあり、とにかくぼんやりしていても忘れず通知してくれるように便利にできています。

ということで、基本の3つを押さえ、わたしのPIM生活第二章の始まりです。機会があれば、上のソフトやアプリの詳細の説明をいつかしていきますね。
また、あべたかはそういうことを書いているけど、こちらのソフト、アプリの方が便利だよという場合は教えてください。よろしくお願いします。

では、せっかく実家に帰っているので息子の卓球の試合を応援に行くのら!!


© Takayuki Abe 2016