160523 それは素敵な素敵な富山の先生方!

IMG 6861

富山のある小学校の校内研修会に招かれて行ってきました。町内の先生方もいらっしゃってくださり、ちょうどいい感じの人数での開催でした。

本HPの「依頼フォーム」を使ってお申し込みいただいた初の校内研修です。お招きしてくださったのは、もともと、Facebookつながりのある教頭先生。ただ、Facebookでつながっているだけであって、今回が初の対面でした。いやぁ、とても感激です。もともと、福島にいるときから、ものすごく素敵な活動をされている先生だなぁと思って見ていたものですから。その方にお招きされるとはとてもうれしくも反面、緊張もしました。だって、活動の様子を見る限り、わたしが考えていることやっていることをすでに越えているのですから。

アクティブ・ラーニングを本気で取り組んでもらうことを私自身のミッションにそちらに伺いました。その時の一つのキーに職員集団の関係性があるとおもっています。子どもたちにアクティブ・ラーニングうんぬんと進める前に、校内の職員集団がアクティブであり、協同的であるか、そこが始めの一歩でものすごく大切なところだと思っています。

もう、校内に入った瞬間から、あっ、大丈夫だと思いました。だって、職員の方々が明るい。そして、みなさん、それぞれがすてきな関係性を育まれているのがわかりました。もともとの職員の素養があるのかもしれませんが、校長先生、そして、教頭先生といった管理職のリーダーシップ、マネジメント、人間関係づくりがうまく働いているのだろうと思いました。民主的と言いますか、水平の関係がすでにできているのですよね。わたしも、こういう職場で働きたいです。

上の、イラスト化した写真は、わたしのワークショップの一場面ですが、どなたも、積極的にかかわり、笑顔一杯でした。

大学教員となり、こうして関わる学校が素敵だと、なんだか、私自身が勇気をもらえます。日本はまだまだ大丈夫!そんな気持ちです。

ようし、明日もがんばるぞ!

みなさん、本当にお世話になりました。みなさんなら、今持っている考え方をバックに、進めていけば絶対に大丈夫だと思います。


© Takayuki Abe 2016