160628 求められるうちが華……

4月当初喜んで使っていた、デュアルディスプレイ(2つの画面でPCを操作できる)の1つ(自宅から運んできたディスプレイ)が不調で、接続しても数回に1度しか反応してくれなくなっている。うーん、仕事がはかどらない……(というか、このせいじゃないけどね)

論文中心に研究を進めようという自分の理想ばっかりの夢があるわけですが、ありがたいことに、大学外から、わたしなんかにもいろいろと「来てください」という要請が入ります。もちろん、大学の仕事、自分の都合に大丈夫な場合、積極的に出て行くようにしています。

現場でちょこちょことやってきたわたしとしては、現場から離れてどんどん現場感覚が失われていくわけですから、その間に自分の力を蓄えていかなければならないわけです。だから、来てくださいと言われている「今」がわたしの「旬」なんですよね。だって、わたしの実践してきたことはどんどん古くなっていくわけですから。

ここからは、今までとは異なるわたしの生き方をしていかなくてはなりません。過去を使いながらも、未来を切り拓いていく。まさしく、理論と実践の往還です。ここがわたしの生きる道。ズドーンとここの本道を駆け抜けていきたいと思っています。

大失敗、大失態、恥ずかしいこといっぱいやっていきますよ。
どうせ、自分には力が無いことは知っています。だから、提案性、そして大学という背景を使って客観的なデータを収集した説得性を使っていきたいです。


© Takayuki Abe 2016