20160805 石川町ゼミナール第2日(サテライト講座福島)出たっ!成功する『学び合い』シリーズ第3弾!

IMG 7234

平成28年度石川町ゼミナールの第2日目。
本日は「サテライト講座福島」があり、わたしも出番がありました。
「アクティブ・ラーニング」と「ICT」を関連づける話をするということで、どんな話をするか考え込みました。

わたしの先に、水落先生、桐生先生のお話があったのですが、もうすっかり大学の先生で、様々な研究成果がある(というか、お二人は現場にいらっしゃる頃から、たっくさんの研究成果を抱えています。本当に素晴らしい方々です)ので、話の節々に、データ等を示しながら、説得力あるお話を展開されていきました。

わたしは、まだまだ「研究」という意味では実績がほとんどなく、授業「実践」の記録やら、アイデアをみなさんに提案していくしかありません。底にいらっしゃる方々からすると、数段劣る話だったと思います。

とにもかくにも、それがわたしなので、仕方ありません。めっちゃ、生々しい授業の様子や記録を通して語るしかありません。
今日を通して、少しでも力を付けていきたいと思います。

会場に、「成功する『学び合い』シリーズ第3弾」が届いていました。
実は、学事出版(の編集者である加藤愛さん)にこの日に100名を越える参加者がある「石川町ゼミナール」があるので、間に合うのならその時にと無理矢理お願いしたのです。ですので、わたしたち著者に実物の本が届かないうちに、直接印刷所から送ってもらった感じでした。本当に、関係各位に感謝したいです。

おかげさまで、第3弾は会場に100冊届けてもらったのですが、第3弾だけで100冊とは行かなかったものの、第1弾、第2弾を合わせて100冊程度売れたようです(第3弾だけでは70冊を越えていたことはわたしの目で確認しています)。

この第3弾そのものについても、書いていこうとするといろいろと書き続けられるのですが、特に、ずっと「We」で書かせていただいている水落さんとシリーズ化として3冊出すことができたのが本当に大きいです。

この「成功する『学び合い』シリーズ」はマニュアル本ではないので、その時だけ使うというものではありません。辞書的に参照したり、何度か確かめるために読んだりすることができるのがこの「成功する『学び合い』シリーズ」です。

そして、今回の第3弾は「開かれた『学び合い』はこれで成功する」と称し、第1弾、第2弾と異なり、実際の授業そのものとは別な視点で『学び合い』を考えています。
授業の進め方そのものを考える契機にはならないかもしれませんが、『学び合い』を日常的に進めていく際の、なんだかうまくいかない……という方への手助けになるのではないかと思っています。ぜひ、この本を手に取り、安心してください。勇気を持ってください。


© Takayuki Abe 2016