20170205 【読書】石川一郎著「2020年からの教師問題 (ベスト新書)」

とても、共感できる、そして、次の何年かに向けて、学校内部の人間中心に考えていく契機となる本だなぁと思いました。

政策を提案する内部の方でないことから、本当にその通りに政策が進むのかが一つのポイント、そして、この本の主題ではなかったからと思いますが、様々な学習課題やテスト問題例の提起、提案をされているけれども、その評価はどのように考えていけばいいのか触れていないのがわたしへの問題提起としてとらえるということでしょうかね。

それ以外は、全て、納得。だから、次へということです。

わたしの感想を読んでみたい方は、下の「阿部隆幸(あべたか)のバインダーで詳細を見る」をクリックしてください。




© Takayuki Abe 2016