20170416 Audible(好みの作品が増えたら面白い)

福島と上越を自動車で往来することが多いです。


最初のわたしの楽しみ方は、ポッドキャストでした。特に「ラジオ版学問のすゝめ」などは自分が興味あるけれども、自分の嗜好性が高い中で見つけるネット検索では見つからないであろう情報を知ることができて、楽しく聞いてました。でも、ポッドキャストが出てきた当時と異なり、ブロードキャスト時代になり画像、映像を簡単に取り扱えるようになるとポッドキャストサービスがどんどんなくなってきました。

次に楽しみ始めたのがFMラジオです。音楽……というよりも、その合間合間での「語り」「掛け合い」が楽しいのですね。自分は。
しかし、福島−上越間は、トンネルが多くてラジオが遮られるのと意外にトンネルとか関係なくても電波の入りが悪くて聞きにくい場所があるのです。

うーん。

で、最近、はまりだしたのがAmazonが始めたサービスである「Audible」です。まぁ、本をプロの読み手が読み上げてくれるわけです。運転しながら、本を読んだこと(実際は聞いているのですけど)になります。これって、案外お得。目で文字を追っていくのが苦手な方にも、お薦めです。
福島−上越は、ほぼ片道4時間。
種類にもよりますが、だいたい、3時間から4時間で読み終える種類の本が多く、知識が増える感じがしていいです。

最近だと、上の本を「聞き」ました。
ちょっと設定とか、いろいろと突っ込みたいことはありましたが、ソクラテスの考え方を知るにはなかなかよかったです。

落語もあるようで、いろいろとダウンロードして見ようと思っています。

高校生時代は、音楽にはまっていたわたしですが、はまっていたと自分で勝手に思っていただけで、自分は音楽ではないものが好きなんですね。きっと。


© Takayuki Abe 2016