20170417 学部ゼミ読書紹介 池田修著「教師になると言うこと」

41ttHBVRm2L._SX337_BO1,204,203,200_

学部3年生のゼミでは、教育の興味関心そして知識を増やそうと、自分の興味関心をもとに、読書をして紹介する活動をしています。

今日は、その中の一人が、池田修さんの「教師になるということ」を選んできました。この本は、上越教育大学の学部1年生の選択図書の1冊にもなっています。

なんだか、そういう方と知り合いと言うだけで、うれしい自分。

今日の学生は、いろいろと刺激を受けたようで、この本をもとにして一生懸命レポートを書いてきました。

その学生がかわいそうなので、池田修さんは「ちょっと変人だよ」という情報は伝えないでおきました。ハハハ(^0^;)。

みなさんにもお薦めです。



© Takayuki Abe 2016