20170610 第36回愛と勇気のチカラ〜明日の授業からこれからの教育を見る〜に参加

昨年度の「愛と勇気のチカラ」は新潟に住むようになったのだからと申し込んで一般参加。今回はお誘いを受けて提案者としての参加。

神奈川の松下崇さんと組んでの時間でした。

松下さんが、参加された方により良い時間になるようにとしっかりと流れをデザインしてくださり、わたしは松下さんのアイデアのもと、自分の与えられた時間の責任を果たす……ということで行くはずでした……。

うーん、でも、反省ばかりが浮かびます。

自分の時間が終わった後も、その後の懇親会の時も、頭の片隅にずっと自分の提案の稚拙さが頭の片隅にあって、いつも以上に他の方々に話しかけに行かなかったのに加えて、おしゃべりしていても、なんとなく上の空で過ごした感じがあります。

ただ、「今の自分」には今回のテーマでは、時間的余裕があっても、同じような感じの提案しかできなかったろうと思います。あれが現状なのですね。もう少し勉強します。

ホントごめんなさい。松下さん。

自分には、10分を人前で話すということ自体、なかなか難しいものです。話す内容がないのです。ただ、仕事上、そんなこと言っていられないですよね。もうちょっと、話術、プレゼンスキルを学ばなければならないと痛感した1日でした。

若い頃は、それなりに、自信というか、「自分はできるんじゃないか」と思っていたときがあったのですけどね。いつもと同じくり返しになりますが、年々、歳と共に、自信のようなものが失われていく自分です。

© Takayuki Abe 2016