20170619 昨年度に引き続き山形市の小学校へ! 

ファイル 2017-06-19 21 53 32

昨年度に引き続き、山形市の小学校の校内研修会に招いていただきました。
昨年度に続いてということは、少なくても昨年度のわたしとのかかわりが嫌ではなかったと言うことでしょうからありがたく思います。
また、今年は2度訪問することになっています。この2度の機会をうまくこの学校の授業づくり、学級づくりにつながるようにしていくことですね。

本日、授業された方はわたしとの旧知の仲。
昨年度、福島県の石川町の学校公開にも参加し、その授業を一つのモデルとして授業実践を重ねてきたとおっしゃっていました。

もともと、ちょんせいこさんと岩瀬直樹さんの「信頼ベースの学級ファシリテーション」への造詣も深く、「ファシリテーション×『学び合い』」を自分なりに消化して体現化されようとチャレンジしていました。

子どもたちの学びに向かう姿、素敵でした。

山形県にも、こうして、『学び合い』の姿が広がっているようで、嬉しく思います。

この日の最後に、わたしの講話がそれなりに長い時間設定されていたのですが、そこに関しては反省点が多いです。なんだかなぁ……。貧乏根性丸出しなのかなぁ。時間が余ってしまったらどうしようと思って、いつもながら詰め込んでしまっての失敗があります。もう少し、余裕を持つこと、時間が余ったら余ったで、ふり返りの時間を長くとったり、質問の時間を長くとったりすることで、調整できると大きく構えて、「学ぶ」量をつめこまないこと、がわたしの課題かなぁ。ちゃんと、しっかりと1,2つくらいにちゃんと伝えること、知ってもらうことを絞っていかないと本当にしっかりと受け取ってもらうことができないのだろうなと反省しています。

わたし自身、今日も、とてもよい学びになりました。
ありがとうございます。

© Takayuki Abe 2016