20171020 自主ゼミで「『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる!」のブッククラブを始めている院生達!

ファイル 2017-10-20 18 26 13

阿部研究室のゼミの基本曜日は水曜日の1回。
しかし、彼らは、金曜日午後もほぼ全員が揃うことができると知り、自主ゼミを開始しました。自主ゼミですから、わたしは基本的に「気まぐれ〜」に参加するだけです。

まず始めたのは、みんなで同じ本を読み深めたいということでホワイトボードを使ってブッククラブをすることにしたようです。
で、同じ考え方に立ち、現場で使える本を一緒に読んでいきたいということで、わたし(とちょんせいこさん)の近著「『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる!」(学事出版)を読み始めました。
以下、好評発売中です\(^o^)/


毎回、各章ずつ読んでいるようで、今回は3回目のようでした。
なんだか、裸にされるようで、恥ずかしい反面、みんなで本を読んでいくと、そこに書いてあることを媒介にして、自分たちの経験へ進んでいけます。これが、めちゃくちゃいいですよね。
結局は、本に書いてあることは踏み台なのです。
ほんの少しだけ、同じ空間にまぜてもらいましたが、彼らの学びからわたしも学んでいます。
いつもいつもありがとう。

わたしは、1日かけて、来週の講座のレジュメ、プレゼンを作成しました。これでなんとかなりそうです。
新しいテーマをお願いされると、たいへんですが、その都度、自分の学びになります。結局、資料とかプレゼン作成以上に、自分の入力がポイントになりますね。これがわたしなりのアップデートに繋がるわけです。
今日も、いろいろと講座準備をしながら、少しは新しい自分になった感じがします。

ブログは、わたしの中で1日1回投稿、1回投稿につき1テーマというように決まりを設けているので、続けて書けませんが、今回の講座等々の作成に当たって、夢中になり、力を発揮してくれたツールがScrapboxです。
これ、本当にめちゃくちゃいいツールです。
今回、どのようにしてどうなったか、いろいろと書きたいわぁ。
Scrapboxに関しての詳しい投稿は、もう少し待ってくださいね。

ではでは。



© Takayuki Abe 2016