20171025 卒論指導……その他諸々

「院ゼミ」「卒論指導」「教職大学院内の仕事」「原稿チェック」……と、今日も、仕事が楽し〜い1日でした。

歳と共に、体の衰えるスピードって早くなるじゃないですか。
みなさん、どうしているのでしょうか。
1日のほとんどの時間を「座って」すごしています。

もともと、体を動かすことが嫌いでした。
しかし、小学校現場にいるときは、なんだかんだいって、体育や休み時間、陸上指導等々があって、それなりには体を動かしていました(まぁ、他の体を動かしている先生に比べれば圧倒的に少なかったとは思いますけど)。
しかし、本当に、体を動かす必要性がなくなってしまい、どうかんがえても、「実感」として衰えていることがわかります。

足が細くなっています。
体の節々が硬くなっています。
昔は軟体動物と言われるくらい、気持ち悪いくらいに体が柔らかかったのがさすがに今、硬くなってきました。

どうしているのかなぁ……。
今の生活じゃ、定期的に体を動かすという感じにはできません。
ちゃんとルールを決めて、大学の体育館に行って体を動かすとか出来ればいいのでしょうけど
(大学の卓球部の練習にまぜてもらうのが一番いいかもしれないけれど、それはそれで、そういうルーティンが成立する生活なのか、わかりません。)

もうそろそろ、安定した生活パターンを組み立てたいっす。

© Takayuki Abe 2016