20171030 にわかにD・カーネギーブーム

私の中で、にわかにD・カーネギーブームです。
特に下の本。

以前、自動車の中でAmazonの「Audible」を聞いていると書いたかと思います。上越から福島の自宅まで自動車を運転して帰ると、4時間なのです。この4時間の間、最近は「Audible」で本を(「読む」ではなく)聞いて帰るのですが、ここ最近、ずっとずっとD・カーネギー。

この「人を動かす」ってすごく長い本で、1回聞き終わるのに、6時間程度かかります。で、この本を何度も何度も繰り返し自動車の中で聴いています。

どの人間も「自己重要感」を満たすために動いている。
だから、「人を動かす」とか「人に好かれる」とか「人と良好な関係を築く」とかは、(おおざっぱに言ってしまえば)相手の「自己重要感」を満たしてあげるように働きかければ良い。

ということは、相手の立場に立って、相手のことを考えて、こうしてほしい、こうしたい、という部分を見つけたらそれをこちらがしてあげればよい。

なるほどその通りだよなぁ。
と思います。

これらを上から目線でやられたのではたまったものではありませんが、他者貢献というか相手と同じ目線で考えて、動くことができたら、それこそ自分の喜びにもなり、相手も喜ぶことでしょう。

わたしは、マザーテレサでもガンジーでもありませんし、人一倍欲望がありますから、自分をなげうってと言うことはいうことはできませんけれども、少しでもそういったエキスを吸い取り、考え方、生き方をカーネギーのような生き方にシフトしていきたいなぁと思っています。

音声だけでなく、テキストでも記録しておきたくて、最近、この本のKindle版を買ってしまいました。Kindleは、文字をなぞれば、AmazonCloudになぞった文字部分を保存してくれます。それを、諸々のところで引用しようと考えているところです。

頭の中で、膨らませているだけで、うまくできないのですけどね。
それは、もともと、他者へ対する思いが少ないこと、そして、(ガッキーではありませんが)とても面倒くさがりの自分がいることです。
ぼちぼち、変えていきます。


© Takayuki Abe 2016