20171006 地元福島県二本松市内中学校校内研修会へ!そこに、なななんと!

ファイル 2017-10-06 17 39 11

わたしの地元、福島県二本松市内のある中学校の校内研修に講師として招かれました。

春に同じ校区の小学校にも招かれた後での今日。なんだか、つながりができたようで嬉しく思います。

さて、どこからどのように書いていこうかなぁ……。

まず、この中学校にはもともとつながりがありません。つながりがない中で、わたしに注目し、声をかけてくださった校長先生に感謝いたします。実際は、今週月曜日にお招きされた福島県郡山市のB先生と校長先生がつながっていて、わたしと結びついたようですが……。それでいても、普通はそれだけでわたしを呼ぶ発想はしないはず(笑)。わたしに何らかの価値があると思ってくださり、呼んだはずです。それに答えることができたかどうか……。心配ではあります(^0^;)。

テーマは「ホワイトボードの活用」と「協同的な学び」を結びつけて話してほちいということで、今回、またまた新たにいろいろとプレゼンを作成して臨みました。なんだか、自分の頭の中だけで泳いでしまったかなぁ……どうかなぁ。自分自身で評価しかねます。
先生方の何かのヒントになることを祈っております。

そして今回、なななんと、突然、二本松市の教育長が来られましたf^_^;。
みなさん、ご存じの通り、わたし、権威にめっぽう弱いんです。
めちゃ、緊張!
実は、わたしが小学校教員二校目の時(まだ二十代)に、(教育長は)勤務校の保護者として関わりがあります。覚えてらっしゃらないかなぁと思って話し始めましたら、ちゃんと覚えてくださっていました。わたしの実家の場所までわかってらっしゃるf^_^;。悪いことできません。
今回も、いつもの通り、アクティビティを入れ込んだ講座です。2つのアクティビティを入れたのですが、教育長もアクティビティに普通に参加してくださいました\(^o^)/。わたし、自分の講座に、アクティビティに当たり前のように参加してくださる管理職とか高い立場の人を見ると、一気に親しみがわきます。緊張していた私が、もう、ぐっと溶け出しました。
教育長に感謝です。

事務の方も、実は、教育長同様に、二校目で一緒だった方。
二人ともチョー若手教員だったのに、互いに老けました(苦笑)。
懐かしい思い出が蘇ります。

参加者にも、最後から二つ目の学校で一緒だった同僚。
今は、隣の小学校で教頭先生になられている方が参加。

そして、帰り際に話しかけられたのは、その最後から二つ目の学校で、とてもとてもお世話になったある先生と今、一緒に勤めている若手教員。
その元同僚から進められてこの会に他校から参加されたと言うことでした。

なんだか、輪がどんどん広がっていくようで、うれしいですね。

実は、自分の地元、二本松市にはわたし、一度も勤めたことがないのです。
平成元年に、教員になったとき、いろいろな場で公言していたことの一つに、育てられた地元二本松に学校教育を通して還元すること、貢献すること。

結局、そういう機会を得ずに、避けるように、逃げるようにして小学校教員を27年間勤めた上に、最後は、大学人となってしまったわけですが、遅くはありませんよね。今からでも、自分の立場で、自分ができる役回りで、なんらかの形で地元二本松に貢献したいと思っています。

今日が、そのきっかけになればうれしいなぁ。
というか、その前にわたしを2年連続で地元二本松に呼んでくれた本日の中学校の隣の小学校に勤めるK先生に感謝ですね。

なにかが始まる!!!……はず(と思う)。


© Takayuki Abe 2016