20170406 入学式&2年目スタート!

20170406a

本日、上越教育大学の学部、そして、大学院の入学式でした。学生さん達とどんな関わり方とをしていけるかな?

大学院生との記念写真は、さっそくみなさんの了解を得て、教職大学院ホームページにアップしました。

この方々との授業が楽しみですし、そして、この方々の中から阿部をアドバイザーに選んでくださる方がいるのかどうか、不安でもありますし、楽しみでもあります。

そして、もう一つ、昨年度になかったのが、学部1年生の担任です。

10名の「A-4」クラスを持ちました。
本日の最後に、クラス事に集まって、ちょっとした連絡や決め事の時間が50分ほどありました。

大きく2つのエピソードがあります。

一つは、「クラス代表」と「クラス幹事」というものを決めなければなりません。まずは、これが決まらないと始まらないと思って、簡単な自己紹介をしてもらった後、この2つを決めて、時間が余ったら別のことをしようと呼びかけました。すると、簡単に立候補で決定。スタートはめちゃくちゃいい感じです。

二つは、4月半ばにある、新入生合宿の諸々のことを決められるならこの時間に決めてしまおうと呼びかけました。でも、当然ながら、みんな作り笑顔。そうですよね。つい先ほど、名前を聞いたばかりですもん。そこで、じゃあということで、ペアでの会話。それを時間を区切って、次々に相手を交換してテーマを交換して話してもらいました。わたしは、その時の、様子は表情、雰囲気を感じ取ろうと思いました。そしたら、いい感じなんですね〜。さすが、教師を志しているだけあって(というか、まだ、大学の授業もはじまっていないのに)、全員が素敵な笑顔、身振り、手振り、そして、授業的な態度。

偶然集まった10人だけど、1年だけの付き合いかもしれないけれど、その偶然が楽しい偶然だった、この偶然は必然だったんだと思えるような、1年になるように、みんなと楽しみ、喜び、辛さ、等々を分かち合い、協力し合えるといいね、と話しました。

わたしは、なんでも「最初」が、必要以上に緊張するときがあるので、学生さんのペアでの会話を見ていて、わたし自身の緊張を解きほぐすことができました。
学生さん達にとっても、少しでも「いい時間」だったらうれしいです。
そうなっているかなぁ。


© Takayuki Abe 2016