20170422 平成29年度新入生合宿研修2日目

ファイル 2017-04-22 20 23 53

2日目。
見守る時間が長かったために、彼らの姿を見ながら、自分の大学時代のことを思い出していました。

わたしは、福島大学教育学部で大学生活4年間を過ごします。

当時の福島大学教育学部は、今回の妙高自然の家への合宿と同じようなものがあった。わたしたちは、蔵王へ1泊2日の新入生合宿へ出かけた。蔵王のロープウェイで出かけたり、各部屋で何やら話し合いをしたりした記憶があります。

今もその名残は大きく残っていますが、当時はもっともっと、我が道を行くだった私。もちろん、事を荒立てるほどのやりとりはしませんでしたが、その頃から積極的に他者と関わらないという生活を過ごしていました。

15人いたクラスメンバーの中でも、なんとなく端にポツンといたように思います。なんだかなぁ……です。

まぁ、時代ですからね。わたしの大学1年と言えば、32年も前のことになりますか。とはいっても、こいつつきあいにくい奴だなぁと思われていたのは確か。
あの頃から、もう少し、他者ともう少し積極的に交流できるようになっておけばなぁ……。
とはいっても、性分というか、自分にはどうしようもない、他者との関係性やら距離感もあるように思います。

今でも、わたしはコミュニケーションが大の苦手と言いますか、ものすごく、エネルギーを使うわけですが、だから、一人でいるときは、どっぷりと一人に浸ることでなんとか自分のバランスを保っています。

一人が普通。で、時々、みんなと一緒。が気持ちいい人もいれば、
みんなと一緒が普通。で、時々、一人が心地よいという人もいるんだろうな。

自分を客観的に見ることは難しいですし、自分の常識で他者を見てしまうとそれは違うことがあるかもしれないと言うこともやっと気付いてきました。
だからこそ、それぞれを認めること、から始めたいなと思っています。


© Takayuki Abe 2016