20170424 臨床共通科目「教師が成長するとはどういうことか」

M1のほぼ全員が履修する科目、臨床共通科目の初日に続いて2回目です。前回は「学級経営及び学校経営に関する科目」でしたので「授業を通した学級づくり」というテーマで、アイスブレイクを通しながら協同学習の実際とその考え方を体験してもらいました。

今日は、臨床共通科目の中の「学校教育と教員の在り方に関する科目」です。これ、管理職という立場に立ったことのない自分には、現場にいるときはあまりふかく考えてこなかったところはありますが、現職終わりの頃にズドーンと「教師教育」に関する情報が自分のところへ押し寄せてきてきたので、それを整理して自分も今、模索中であり、臨床的なところだけでなく、この「教師教育」についても目を向けていきたいと思っているというところを話しながら、いつものように、「活動」を随所に入れながら、進めました。

ということで、わたしへのリップサービスが多分にあると思いますが、本時の授業の感想用紙に、最大の褒め言葉をいただきました。授業準備、一生懸命してよかったです。ありがとうございます。

© Takayuki Abe 2016