20170426 学部1年生と丁寧につきあう……

水曜日の1限は、週に1回、自分が担任する学部1年生全員と会うことができる授業(人間教育学セミナー)です。教育的な一般的な素養を学ぶと同時に、いわゆる小中高で言う、学活的な部分も併せ持っています(とわたしは思っています)。入学して1ヶ月が経とうとしているこの時期に、学生のさりげない表情、身振り、友達との会話等を気にしながら接しています。

わたしは、小学校教員としては、どちらかと言えば、あまり子どもたちの中に入らず少し引いて、遠い位置から子どもたちを見ている感じでした(と自分では思っています)。しかし、大学の教員の中では、やはり、どんどん学生の中に入っていっている教員のようです。

本日は、4つの学級が1つの教室で大学のイントラ上にあるデータにアクセスしていろいろと現在の自分が思っている教育に関する思いを書き込む授業(時間)でした。

その前後で、わたしは、自分が担任する各学生(10名)にいろいろと個別的に話しかけていきます。先日の新入生合宿のこと、部活のこと、部屋での生活のこと、ゴールデンウィークでの過ごし方のこと、大学の授業のこと、趣味のこと……。
とりあえず、全員になにかしら話しかけ、全員の表情を見て自分なりの感触を掴んでいきました。
まぁ……、しませんよね(笑)。そういうこと、普通の大学の先生は……(^0^;)。

まぁ、わたしのように接するのも良し悪しと思います。

学生自身が、わたしを「うるさい」と思うかもしれないと言うことはもとより、20歳になる学生と距離が近すぎるのもどうだろうか……と先輩の大学の先生に聞いたことがあります。
わたしも、いろいろと試行錯誤を通して、学生との距離感をつかんでいきたいです。

「なんだか変よ。50も過ぎているあのおじさん先生。ちゃらちゃらしてさ。」

ということにならないように。
まぁ、みんな、かわいいんですよね〜。学生さん。まっすぐでさ。

© Takayuki Abe 2016