20170505 上杉祭り卓球大会参加へ

ファイル 2017-05-06 8 02 01

ゴールデンウィーク、息子の卓球試合シリーズ3つめ。
今日は、米沢市です。
初めてこの大会へ参加しました。
卓球は「○○オープン」という冠のつく名称の大会があります。これは、「オープン」という名称の通り、全国どなたにも開放している卓球大会で、ほぼ全員に平等に参加者を割り振り、大会は進められますが、そうではない名称の大会だと、その地方のローカルな決まりというか、考えがある場合、または、との地域だけに閉じて、外部からの参加者を認めないという大会があります。

この「上杉祭り卓球大会」は名称通り、オープン大会ではないので、息子は中学生ではありますが、中学生の部の参加は認められず(その地域の中学生代表を決める大会に位置づけてあると言うことでした)一般の部での参加になりました。

1回戦の相手は、山形大学生。もちろん、「大学生=強い」ではありません。大学生になってから卓球を始めた方もいるわけですからね。
戦いの様子を見ていると、うーん、五分五分かなぁ……という感じでしたが、ストレート負けをしてしまいました。

わたしの見立てでは、試合までの待ち時間が長かったこと、それまでの間、息子は試合への気持ちをつくるよりも、持参した本を夢中で読んでいたこと(だからダメというわけではありませんが)等々が関係して、負けてしまった……ということだと思います。

県外からの参加です。
はるばる参加したのに、1回戦で負ける……というのは、まぁ、連れて行ったわたしたちからすると、ちょっと……ですが(^0^;)、それはそれ。相手だって勝ちたいわけだし、息子の体調や都合もあるし……ね。

気持ちを切り替えて、上杉神社へ行き(妻は最近、神社の御朱印を集め始めました)、近くで米沢牛を食べて帰ってきました。

まぁ、息子はね、今まで、卓球に関しても、宇宙に関しても、わたし優先で、わたしがそういえば喜ぶだろうからということで「卓球好き」「宇宙好き」を表明してきたことがあります。(言葉を換えれば表明させてきてしまったと言うことですね)

そういう育て方をしてきてしまったことを大いに反省しつつ、過去はどうあれ、未来の息子が幸せになるにはどうすればいいか、考える日々です。


© Takayuki Abe 2016