20170528 講座、研修準備で頭がこんがらがる

さて、来週から、わたしにしてはたくさんの外へ行っての研修会講師、講座講師が入ってきます。今年度も大学外の動きがいよいよ始まっていくという感じです。
(ゼミをおろそかにしないようにしなければ)

すぐにパッと講座を展開する能力がないので、その都度の内容を考えるわけですけど、複数の会が数日ずれて重なると、この講座のプレゼンを作成して、次の講座のプレゼンを作成して……とできるときにしていくことになるでしょ?
それで、会の当日、プレゼンを開くと、あれれ?これ、いつ作成したプレゼンで、どのように話を展開するように計画したんだっけ?とわからなくなるんですよね。自分(^0^;)。

つくづく、小物です。

私の場合、お願いされる、講座のテーマや内容が、その時によって、いろいろと異なるので、自分の頭の中が混乱するんです。ハァ……。

だいたい、わたしは「語り」ができない人間なので、与えられた時間をどのようにして「話さない」で過ごすかということを考えます。つまり、「活動してもらうか」ということを考えるんですよね。その活動が、ちゃんとその与えられた場のテーマになっているかどうかが重要なところで。「活動」+「理論(までいかないところがありますけれど)」というセットで、9割活動、1割理論みたいな感じのわたしです。

もう少しなぁ、「おもしろい話」ができる人物だったり、「入り込める話」ができる人物だったりになりたいと思ったときがありましたけど、その努力をやめました(^0^;)。あきらめました(^0^;)。

でも、せっかく招いてくださるわけだから、少しでも「考えてもらう」時間を提供できるように考えている自分がいます。

さて、来週の2つの研修会では、「考えてもらう」ことができるかなぁ。不安だなぁ……。非常に不安だなぁ……。

© Takayuki Abe 2016