20170624 上條晴夫著「理想の授業づくり」(ナカニシヤ出版)と協働的な授業リフレクション研究会について

やっと、書かねばと思っていた上條晴夫さんの著書「理想の授業づくり」(ナカニシヤ出版)の感想と紹介を自分の読書記録サービス「メディアマーカー」に書き残しました。わたしの感想は下の「阿部隆幸(あべたか)のバインダーで詳細を見る」をクリックしてください。

理想の授業づくり
上條 晴夫
ナカニシヤ出版 ( 2017-04-20 )
ISBN: 9784779511387

とてもよい本なので、しっかり時間を取って書かねばと思いつつ今日まで延ばしたのですが、結局はうまく感想を書けていません。でも、わたしの中では文句なしに「5つ★」です。実際、本にたくさんの付箋紙を付けて何かの折に、参考にしています。

ファイル 2017-06-24 16 21 26

本を読むことと同時に、上條さんが大学で学生にされている授業を見ることで、より具体的にイメージできるのだと思いますが、もう一つ、わたしたちが行っている「協働的な授業リフレクション研究会(Facebookページにジャンプ)」に参加することで、その概要がわかるのではないかと思っています。

ちょうど、明日(6月25日)は東京池袋にて「第3回協働的な授業リフレクション研究会in東京」を開催します。3回目にして、なんと、2人の実験授業者の一人がわたしです(汗)。すでに、現場から離れて現場感覚がなくなっているわたしが授業をすることはどうなのだろうと思いつつも、こういう機会を大切にしたいと思います。

この上條さんの本を読んでしまったがゆえに、そして、過去2回の協働的な授業リフレクション研究会に参加しているために、いろいろと頭の中で考え込んでしまい、明日、ちゃんとみなさまに提案できるかどうか、とても不安です。またわたしの悪い癖、「あたまでっかちに考える」という部分がモヤモヤと出てしまうところがないか、点検しています(苦笑)。

「理想の授業づくり」と「協働的な授業リフレクション」はセットとして捉えることができて、今後、一本芯の通った教員として進んでいくためには、とてもよりよい考え方、進め方の一つではないかと考えています。

明日、ドキドキですが、楽しみです。
そして、わたしの実験授業がその場にいる皆様の少しでもお役に立ちますように……。


© Takayuki Abe 2016