20170822 素敵な「学び合う」先生方

ファイル 2017-08-22 20 28 48 (1)

山形県山形市の校内研修に招かれて出かけてきました。
昨年、今年春に続いて、3回目です。
3回目で、みなさん、積極的に「協同的な学び」もっと突っ込んで言えば、『学び合い』を学ぼうとしている先生方が多数であるので、本日、午前午後の4時間、『学び合い』だけでズドーンと学びの場を提供してきました。

どれだけ、『学び合い』に積極的な姿勢かというと、わたしとちょんせいこさんの新刊本(以下)を、全職員(校長先生や教頭先生も含めて)が購入してくださっているくらいです。

なんだか、驚き、感激の中、講座をしてきました。

後半は、いつものわたしの講座同様、『学び合い』の演習を進めたのですが、夏休み明けに実際にご自分の教室の中に取り入れようとみなさん真剣でした。もちろん、そういう姿勢ですから、わたし自身、真剣に対応しました(というつもりです)。

正直、やっぱり、自分の話はつまらないなぁと話をしながら自分は思ってしまうわけですが、これは、自分自身をもっともっと高めていかなければなりません。そういうつまらないわたしの話にお付き合いいただき、山形の先生方には感謝しております。そういう部分に関しては、同じ東北人というところでシンパシーを感じ合えることができるのかもしれません。

もともと、東北青年塾で懇意にしている高橋章先生がわたしと今回の学校とのつなぎ役をしてくださったわけですが、同時に、校長先生が本当に素敵な方だなぁと思いました。

『学び合い』を受け入れ、積極的に展開していこうとされる校長先生の(わたしが出会った)共通点がありまして、教職員を大切に思って、サーバントリーダーシップを発揮するといますか、とにかく、先生方を支える校長先生です。自分が考えたことを強引に進めるということはしません。

一教諭として小学校教員人生を終えているわたしでして、大学人という立場になって、学校訪問をすると、当たり前ですが、まずは、校長先生とお話をすることになります。これが、めちゃくちゃ緊張するわけです。(繰り返しますが)一教諭で終えた私は、校長室で校長先生と面と向かうと、なんだか、ご指導を得るような感じになってしまうわけですね。
で、頭をペコペコ下げながら校長室に入っていくと、ものすごく話しやすく楽しく盛り上がって帰ってくる学校(校長先生)がいらっしゃいます。
当たり前ですが、そういうところの学校の職員室は、とてもとても元気で楽しそうで笑いがあります。

今日、訪れた学校はそんな感じでした。
こういうところで働けるって、うらやましいなぁ。
校長先生が、『学び合い』を支持し、教職員が考えて行おうとしていることを後ろから支えてくれるわけですから。

今年度の残り、発展を応援しています。



© Takayuki Abe 2016