20170825 いやぁ、美味しかった学食の味噌汁

今日のお昼、本当に、久しぶりに、学食でみなさん(西川先生、桐生先生、水落先生、片桐先生と学生さん)と食べました。

お昼は、基本、みなさん何もなければ、(学生さん達も誘って)一緒に学食で食べるのですが、みなさんも忙しく、わたし自身もしばらく学食で食べることをしていなかったので、みなさんと一緒というのは久方ぶりでした。

で、それはそれとして(あれ?こちらを大切に扱わんといかんかな?)、今日その時に、一人で、じっくりと味わって食べていたのが「茄子の味噌汁」。学食の味噌汁は、他の料理を買っていればサービスでついてきます。多分、「茄子の味噌汁」って本学食ではめちゃくちゃ珍しかったのではないでしょうか。

たくさん一気につくって、長い時間をかけて、温めているからなのか、それとも茄子その物の素材がいいからなのか、はたまた、わたしの舌がいい加減なのか、とってもいいあんばいでした。(「おいしい」って、そこにいる誰にもつぶやかなかったですけどね)

今日は、午前も午後も、そして、今(夜)も、ずっとモニターを見つめていろいろと仕事しているのですが、なんだか、お昼に食べた「茄子の味噌汁」の味が幸せすぎて、そのエンジンでこの時間まで過ごしました。

p.s.
ちなみに、夕食も学食で一人で食べたのですが、その時の味噌汁は「わかめ」。まぁ、これも美味しかったですが(体が味噌汁を欲しているのか)、お昼の「茄子の味噌汁」にはかなわなかったですね。

さて、まだまだ、仕事がんばります。

そして、早朝、大宮へ!

まだ、若干、申込に空きがあるようです。
といいますか、こんなにも人が集まってくれて感謝なのですけど、埼玉の若手教員サークルcloverの面々(特に紺野先生)に感謝をしなくちゃいけません。ありがとうございます。


© Takayuki Abe 2016