20170908 すてきな&さわやかな教育実習挨拶

ファイル 2017-09-08 12 45 56


ファイル 2017-09-08 13 11 51

今、本学(上越教育大学)は、教育実習シーズン(といっていいよね〜)。長期の教育実習から、1日だけの観察実習(この観察実習の種類も様々)等、いろいろとおこなわれています。

大学の教員は、それぞれに割り当てられて、教育実習でお世話になる学校へ挨拶に伺います。

本日、わたしは割り当てられた上越市内のある小学校へ挨拶に行きました。

「あいさつ」「ことば」あたりって、本当に魔法ですね。
一瞬で人をウキウキさせてくれます。

わたしは最初、「仕事」だから行かねば!という気持ち中心に学校に向かいました(学生さんもいろいろなコースが混合になっていてわたしと関わっている学生さんはほとんどいないのです)。そして、学生がちゃんと実習校に来ているか、また、実習に臨む姿勢はどうか、このあたりを観察したら、お世話になる実習校の邪魔にならないように早く帰ろうと思っていました。

そしたら……。

ここで出会った校長先生がわたしの懐にグッと入ってきて、わたしの気持ちを捉えてしまったために、長居してしまいました。

まさに「魔法」です。帰りは、なんだか、気持ちがフワフワして、ルンルンして帰りました。

まず、校長室で互いに初対面ですから、名刺を交換しながら挨拶を交わしました。そして、本日、学生がお世話になりますということを一通り話した後、校長先生は、わたしのことをいろいろと話してきました……。
初対面なのにです。
聞きますと、わたしがこの学校に挨拶に来ると知ったときに、わたしの人となりと知ろうと大学のホームページで検索し、このブログを読み、教職大学院のホームページやFacebookページなどをも見ていらっしゃったのです。わたしが教職大学院のホームページの更新をしていることさえご存じでした。
(特に、どこにもそういう話を書いたことは無かったように思うのですが……)

数日前、教職大学院のFacebookページで流した「上越教育大学教職大学院」を紹介する映像まで見ていらっしゃって話が弾みました。

いやぁ、すごいです。
わたしとは、本日、挨拶の時間、言葉を交わすだけで終わるわけですのに……。

わたしは、挨拶をして学生の様子を見て、15分程度で帰ろうと思っていましたが、校長先生の魅力に惹かれて、そのまま校長先生が学生に講話をする時間も残りました。この校長先生のお話も、わたしが予想したとおり、絶品でした。

用意してあった、プロジェクタにさっと画像が映ります。
プロジェクタにはパソコンが接続されていません。ちょっとUSBメモリの大きい感じのものがささっているだけです。
校長先生の手元には、iPhoneが……。

そうです。ここまでお話しすれば、分かる方はわかりますよね……(^_^)。

校長先生は、プロジェクタにEZ Cast Proを接続して、iPhoneの画像を飛ばしながらお話ししていたのです。
プロジェクタの初期画面には、下のような画像が映っていました。

おおっ!!

わたしも、持ってま〜す!使ってま〜す!

校長先生自らが、こうしたもの(別に、EZ Cast Proがめちゃめちゃいいというわけではありませんよ)、つまり、少しでも「世の中」の前方、ちょっと実験的なもの、これからはやるかもしれないもの、おもしろそうなもの、に手を出して使っていくって、とってもすてきだと思うのです。

もう、これだけでわたしの体は前のめり!!

そして、話の中身も、そこの学校の「キャラクター」を中心とした話を展開されていきました。(それが一番上の写真です)
校長先生の許可を得ていないので、写真をお見せできませんが、校長先生自らがキャラクターの格好になって話す姿は、とても愛らしいというか、確実に、新しい校長先生像の一つを体現されていました。

このキャラクターは現在の高校生のみなさんが、小学生の時に生みだし、その後、このキャラクターの音頭なども、生みだし、学校のみならず地域のキャラクターとして愛されるまでに発展してきているということでした。

この話を聞いて、思い出したのが、上から2番目の写真。

これは、わたしの最後に勤務した小学校で、子どもたちと共に生みだしたキャラクター「にゃん四郎」。
先の子どもたちが「にゃん四郎」を生みだし、その後、次に担任した子どもたちが「にゃん四郎音頭」を作ったのでした。その過程が、なんだかそっくりで、とてもうれしくなりました。

ただ、わたしの場合、わたし個人、そして、学年周囲だけで行って進めていったので、学校全体、地域全体とまでは広がりませんでした。今はどうなっているだろう……。そういう、見通しの甘さとチームで動けなかった自分の弱さを反省しなければなりません。

まぁ、自分の情けない過去はいいや。

とにかく、素敵な校長先生、素敵な学校に、偶然お目にかかることができて、なんだかラッキーハッピーでした。
本当にありがとうございました。
学生さん達にたくさんの学びがあることでしょう。

思えば、わたしの人生って、本当に幸せに包まれていますが、いつも、わたしからではなくて、周りからラッキーやハッピーが近づいてきてくれます。なんだか、うれしいんだわぁ〜。神様、ありがとう。

最後に、問題。
一番上の画像を見て、どこのキャラクターでどこの小学校にわたしが挨拶に行ったか分かりますかねぇ……。
(あっ、わかっても、どこかへ書き込み、投稿はしなくていいですからね(^0^))


© Takayuki Abe 2016