20170928 連携協力校と長野県総合教育センターと……

毎日、いろいろあってB型のわたしにはとってもうれしいわけです\(^o^)/。

さて、午前中から午後前半にかけて、水落先生と共に学校支援フィールドワークでお世話になっている連携協力校の一部に挨拶に伺いました。学校支援フィールドワークを本格的に初めて、ほぼ1ヶ月。学生さんのがんばりの様子を直にお伺いしたいという思いです。

うれしいことに(お世辞も入っているかもしれませんが)Win-Winの関係であるということ。うれしく思いました。
それもこれも、一緒に入ってくださっている水落先生のお力が大です。

あとは、連携協力校の校長先生を始めとする先生方がとってもいい感じでした。こうして学校内に入って子どもたちの様子を見ると、現場はいいなぁと思うと同時に、今、(まだ現場から離れて2年も経っていないのに)もう現場に入ることができない感覚になっているなぁとも思うわけです。

今、わたしはわたしで、やるべきこと、ポジション、役割があるのだろうと思いたいです。

さて、午後遅くから夜にかけて。

長野県総合教育センター9人をお迎えして会議そして懇談を行いました。
やはり、スタッフがすてきな方ばかりです。お話をしていて、気持ちがいいんですよね。

会議の席上では、教育センターの担当の方が、わたしたち上越教育大学教職大学院の面々が今年度、長野県総合教育センターに伺った講座を10分間のすてきな動画にまとめて振り返りをつくってくださったり、その時の様子をアンケート等から端的に報告してくださったりと、自分にとっての勇気づけとなりました。とってもすてきな時間でした。ありがとうございます。


© Takayuki Abe 2016