未来活動


21世紀型提案する社会科を考える会


「21世紀型提案する社会科の会(出力型授業観)を考える会」を立ち上げました。

  • 「絶対的な正解」がなくなり、「納得解」「最適解」を考え出す力が大切になってきている世の中
  • 多様性を大切になる世の中
  • 様々な考え方の人たちと、上手に折り合いを付けていく力が大切になる世の中
  • ますます「民主主義を知っている」だけではなく「民主主義を体現する」ことが大切になってくる世の中

それを、学校教育の授業の中で学んでいくとしたら、今こそ、20年間に小西正雄先生中心に考え出された「提案する社会科」をこの21世紀の今に最適化しした授業デザインを考えて日常的に進めていくことが一つの解決法と考えます。

Facebookの「非公開」グループに「21世紀型提案する社会科を考える会」というグループを立ち上げました。興味ある方はぜひ、メッセージやメール、依頼フォームなどを使って申請してください。

ただし、このグループは「参加型」です。単なる情報をもらうだけのつもりの方は参加はおやめください。「提案する社会科」に興味関心を持ち、共感して「実践を積み重ねていく」方だけの集まりです。「提案する社会科」の実践を通して、子どもたちの幸せを創り出すことを目指しますが、その過程として「21世紀型提案する社会科」の本を出版するつもりでいます。その執筆者候補として参加してくださる方をグループメンバーとして募ります。

「提案する社会科」の初心者、経験者は問いません。ただ、積極的に参加するという気持ちがあれば十分です。


© Takayuki Abe 2016